レンタルオフィスを借りよう

起業したいけど、貸事務所を直ぐに借りれる余裕が無いという人や一時的にオフィスを借りたいという人はレンタルオフィスを利用してみましょう。銀行から融資を得たいという人はバーチャルオフィスよりもレンタルオフィスの方が好印象を与えることができると言われています。バーチャルオフィス以外にも、シェアオフィスというオフィスも注目されています。しかし、シェアオフィスは作業や電話・受付などのサービスを共同で使うため、別々にしたいという場合はレンタルオフィスの方が良いでしょう。

レンタルオフィスのメリット

no.1

立地条件が良い

レンタルオフィスの1番のメリットは、コストを抑えつつ立地条件が良い場所にオフィスを借りることができることと言われています。東京や大阪などの都心でオフィスを探すとなるとコストかかってしまうため、少しでも抑えたいという場合は調べてみましょう。

no.2

初期費用が安い

貸事務所を借りる場合、約12か月分の賃料を保証金として支払わなければいけません。ですが、レンタルオフィスの場合は約3ヶ月ほどの賃料で抑えることができるため大幅に初期費用を抑えることができるのです。オフィス作業に必要な設備が常設されている場所もあります。

no.3

短期利用が可能

場所によって異なりますが、レンタルオフィスを短期利用できる場所もあります。そのため、繁忙期時期だけ会議室を増やしたい・接客が増える時期だけオフィスを増やしたいという場合も気軽に利用することができます。

no.4

自由にサイズ変更ができる

業績や用途に合わせて、オフィスのサイズを変更できるのもレンタルオフィスのメリットです。少人数で使いたい場合は、小さめのオフィスを選び、人数が増え次第大きくすることもできます。そのため、縮小・拡大が行ないやすくなります。

no.5

登記可能

法人登記をしておきたいという場合にも便利なのが、レンタルオフィスです。法人登記が可能なため、オーナーに相談しながら手続きを進めることができます。しかし、オーナーによってはトラブルを避けるために登記を断るというケースもあるため事前に確認しておきましょう。

[PR]

新宿のレンタルオフィスまとめ
素敵な物件多数あり!

[PR]

東京の貸事務所探し☆
条件を入力するだけでOK

[PR]

駐車場が探せる賃貸法人契約サイト!
最良の場所を見つけよう♪

[PR]

賃貸オフィスの手続き
条件交渉も可能な業者

レンタルオフィスや貸事務所は用途に合わせて選ぶ

女の人

起業するなら

大阪や東京で起業をしようと考えている人は、貸事務所や新宿にあるレンタルオフィスを利用してみましょう。初期費用を抑えることができるというメリットもありますが、用途や目的に合わせて選ぶことができるというメリットもあります。飲食店などを経営したいという人達からは、神田にある居抜き物件が人気です。

何を準備すべきか

オフィスなど仕事をするための場所を準備することも大切ですが、社員が住む賃貸物件を準備しておくことも大切です。賃貸法人契約をすることで、会社の経費として賃貸住宅の家賃を支払うことができます。そのため、実際に住む人は比較的安い料金で部屋を借りることができます。

広告募集中